Textile Installation project for LUMILACE TOYOSU

東京都豊洲の集合住宅、ルミレイス豊洲のエントランス部分のファブリックアートのデザイン監修を行いました。
滝の水の流れをイメージしたインスタレーションを、透け感のあるテキスタイルを選定し表現しました。透け感のあるテキスタイルの重なりにより、照明の効果がより一層引き立つようになっています。昼は天窓からの自然光を布を通して感じ、夜は照明を引き立てます。時間によって異なる表情を空間にもたらす、テキスタイルのインスタレーションになっています。

プロジェクト:Textile Installation project for LUMILACE TOYOSU
クライアント:Jun Mitsui & Associates Inc. Architects
竣工: 2015年

I have designed a textile installation inspired by waterfall for architecture called LUMILACE TOYOSU project located in TOKYO. I have created the layers of the organza fabric to achieve the beautiful lighting effects through the installation. 

Project:Textile Installation project for LUMILACE TOYOSU
Client:Jun Mitsui & Associates Inc. Architects
completion: 2015 
ルミレイス豊洲について
https://www.jma.co.jp/works/lumilace-toyosu/
グッドデザイン賞(2016)/北米照明学会賞(2017) 

ルミレイス豊洲は、短期賃貸のシングル層をメインターゲットとした集合住宅である。この特徴を考慮し、豊洲の新しい街のイメージをよりストレートに体験してもらえるように、デザイン的にもインパクトのある表現を心掛けた。壁面緑化を施した石貼りの低層部、アルミのグリッドによってタイトに構成された中層部、そしてガラス手すりによって水平方向を強調した高層部と、それぞれ意図的に強い対比をもって対峙させている。
中間免振構造を採用した際には免振層の巨大な「壁」が街のスケール感と合わない場合が多いが、壁面緑化を伴った隆起した大地としてデザインし、2階テラスの植栽と、晴海通りの既存列植を立体的に連続するようデザインしている。

エントランスホールはアルミルーバーで覆い、隆起した大地を潜り抜けるトンネルに見立てデザインされたものである。ルーバー越しの自然光や照明は「トンネルへ降り注ぐ光」をデザインしている。降り注ぐ光を最大限に具現化したのが、2階天井から中間免振層を貫いて1階まで到達するレースのファブリックアートを設けた高さ10mを超える吹抜空間である。1、2階の共用部は中間免振層によって分断されるのが通常だが、それを大胆にも繋げる試みを行い、他に類を見ないユニークなインテリア空間としている。
ファブリックアートは住民の方々を優しく迎えてくれる他、2階においてはラウンジとスタディルームを緩やかに繋ぐ緩衝空間となっている。
そしてまた、このファブリックアートは「ルミレイス豊洲」の顔として、晴海通りの賑わいに貢献する仕掛けでもある。プログラミングされたLED照明によって色彩豊かに刻々と表情を変え続けるファブリックアートと建物の存在が、新しい街豊洲の彩りとなることを願う。

About LUMILACE TOYOSU
LUMILACE TOYOSU is a residential tower which aims to provide short-term leasing to single people The tower was therefore designed a to have a more iconic look to present the image of the new town of Toyosu in a bold manner.
The lower portion of the tower uses stone and green wall, the middle section is tightly configured with aluminum grids, and the glass railings of the upper portion emphasize the horizontal; each part to have strong contrasts.When adopting an intermediate seismic isolation structure , the huge “wall” needed for the isolated layer often does not match the scale of the town. We incorporated the “wall” into the design by usinggreen planting, and the planting of the second floor terrace continues the existing street planting on Harumi Street.
The Entrance hall is covered with aluminum louvers, which was designed to resemble diving through a tunnel; the natural light and lighting shining through the louvers resemble “light pouring into the tunnel”. The over 10m high ceiling space displays a lace fabric art that reaches the first floor from the ceiling of the second floor, penetrating through the intermediate seismic isolation layer reflecting the concept of light pouring into the space.
It is usual for the public space of the first and second floor to be divided by the intermediate seismic isolation layer , however, we challenged the concept and succeeded in creating an unique and unprecedented interior space.The fabric art welcomes the residents, and works as a tranquil buffer space on the second floor, connecting the lounge and study room.
This fabric art also contributes to the bustle of Harumi Street , acting as the face of “LUMILACE TOYOSU”. The fabric art changes every second as the LED lights have been programed to alternate its colorful expression. We hope the building and the fabric art contribute to the colors of the new town of Toyosu.